企業情報

Home企業情報 > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、経営環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、健全性を確保できる経営体制を確立することを重要課題としております。そのため、全役職員の法令遵守の徹底・リスクに対する意識の向上、内部統制システムの強化により経営チェック機能の充実を図り、また、株主の皆様をはじめとするステークホルダーに対する公平性の維持や透明性を高めるため、迅速かつ適切な情報開示に努めております。

コーポレート・ガバナンスの体制

コーポレート・ガバナンス体制の概要

1.取締役会
取締役会は「取締役会規定」に基づき、定例の取締役会を毎月1回開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令等で定められた事項、経営方針および経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督しております。また、監査役は取締役会に出席し、取締役の業務執行を監視する体制となっております。
2.経営会議
経営会議は、「経営会議規定」に基づき、常勤取締役および常勤監査役、執行役員で構成し、毎月2回定時に開催するほか、必要に応じて随時開催し、迅速な意思決定、情報の共有化、業務執行状況が把握できる体制を執っております。また、常勤監査役は経営会議に出席し、取締役の業務執行を監視する体制となっております。
3.監査役監査
監査役監査は常勤監査役1名と非常勤監査役2名で実施しております。各監査役は監査役会が定めた監査の方針・業務の分担等に従い、取締役会および経営会議への出席、業務の内容および財産の状況の調査を通じ、取締役の職務の執行の監査を行っております。なお、代表取締役との信頼関係向上のため、定期的に会合を開催しております。
4.内部監査
内部監査については、内部監査室内部監査課を設置し1名で実施しております。内部監査課は業務の改善を要する事項を整理し、改善に取り組み、内部統制の強化を図っております。
5.会計監査
1)会計監査人は第三者としての立場から財務諸表等の監査を実施し、当社は監査結果の報告を受け、意見交換、改善等の提言を受けております。
2)平成30年3月期に業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人名
角田伸理之: EY新日本有限責任監査法人
菅 沼   淳: EY新日本有限責任監査法人
3)平成30年3月期の監査業務に係る補助者の構成は公認会計士5名、その他9名であります。
6.独立役員
コーポレート・ガバナンス充実の取り組みの一環として独立役員3名(社外取締役1名・社外監査役2名)を指定しております。
PAGE TOP